コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

名画のウラに…「怖い絵ツアー」人気 徳島・大塚国際美術館(産経新聞)

 世界の名画が陶板画で原寸再現されている「大塚国際美術館」(徳島県鳴門市)で、名画に潜むさまざまな“怖さ”を紹介する「怖い絵ツアー」が人気を集めている。昨年11月の開始以来、すでに700人以上が参加する名ツアーになっている。

 30日午後には、「恐怖」という切り口で絵を読み解く美術エッセー「怖い絵」シリーズを執筆し、同館にもたびたび訪れている早稲田大講師の中野京子さんの講演会も開催される。

 ツアーは、中野さんのエッセーが話題を呼び、その中で取り上げられた名画が同館に多く展示されていることから企画された。学芸員4人が館内の10作品に潜む「恐怖」を約1時間かけて解説する。

 ボッティチェッリ「ヴィーナスの誕生」は美の女神生誕を描いた絵画だが、「息子による父親殺しという血塗られた背景がある」とされる。浅井智誉子・学芸部課長(42)は「絵そのものの見た目の怖さだけでなく、美しく穏やかな印象にもかかわらず、背景に『ゾッ』とするような怖い事実が隠されている作品も多い」と話す。

 ツアーの実施日は週末が中心で、午前11時半スタート。定員20人で事前予約制。問い合わせは同館((電)088・687・3737)。

【関連記事】
大島氏、両親の墓前で「怖い顔で申し訳ありません」
説得役の顔が怖すぎた?“美人すぎる”市議、出馬断念のウラ
サンプラザ中野くん、エリカ騒動に「女は怖いですね~」
中国製食品「とにかく怖い」 不安と鬱憤、一気に噴出
【今、何が問題なのか】NY地下鉄はやっぱり怖い?
iPadが上陸

職質のコツを伝授、若手育成の現場=同行ルポ(読売新聞)
SS代表が監視船侵入を提案…元船長初公判(読売新聞)
昨年の新規AIDS患者、08年と同数で過去最高(医療介護CBニュース)
移動販売アイス店にみかじめ料を要求 組幹部に中止命令(産経新聞)
タクシー燃え、車内に遺体=神奈川県藤沢市の路上(時事通信)
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミスターけんじろうほうじよう

Author:ミスターけんじろうほうじよう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。